交通事故の相談をする時に注意すべきこと

交通事故の相談を弁護士にするときに必要なのが交通事故を警察に報告して証明をうけているということです。警察に届けずに示談で済まそうとしたものを、あとから解決に納得ができないから弁護士になんとかしてもらうと思ってもそれは無理です。弁護士に依頼するというのは、賠償金や慰謝料という話になりますがそれは証明をした案件が条件ということになります。さらに怪我をした場合は医師のいる病院でレントゲンなどを撮って治療をきちんとした怪我について、治療費や賠償や慰謝料という話になっていきます。そういう流れをきちんと踏まえての相談でないと、弁護士のほうも依頼を受けていただけないということになります。やみくもになんとかしてくれというのは無理な話ということになります。

病院できちんと治療をすることが必要

交通事故の相談を弁護士にするときに多いのが、保険会社からの賠償金や慰謝料の提示が低いということが多いです。また交通事故の過失割合について納得がいかないということも多いです。その場合必要なのが、交通事故の状況やどの程度の怪我を負ってしまったのかということです。さらには、治療費が認められないということに対して相談をしてくる人が多いです。たとえば、接骨院や鍼治療が認められないという場合で相談にするケースもありますが、そもそも医師のいる病院での治療でないと医療費に認められないと決められているのです。接骨院や鍼治療のことで相談に来られても、どうすることもできません。その場合どんなに相談されても弁護士には認められないということは、頭にいれておいたほうがいいです。

交通事故に強い弁護士に依頼する

交通事故のことを弁護士に相談するケースは多いです。自分で考えていたほど過失割合が自分のほうが悪かったというときには、弁護士に依頼するケースが多いです。また賠償金や慰謝料に対して不満のあるときも弁護士に相談することが多いですが、そもそも相談する弁護士が交通事故の案件の経験が浅いという場合は、満足する結果にならないことが多いです、ですからまず相談したり依頼する弁護士は、交通事故案件の経験が豊富な人に依頼することが最低条件になります。とくに交通事故の過失割合については保険会社同士が過去の交通事故の似た状況に照らし合わせてきめていくことが多いので、自分に必ずしも公平に判断されていないケースもあるからです。その時に交通事故案件の経験が豊富な弁護士に相談することで、自分に優位な解決に力を貸してもらえる可能性は高いです。