交通事故の相談にかかる費用とは

交通事故に遭って相談をする場合、無料相談をしているところなら、費用はかかりません。有料のところでは、1時間に1万円というように、時間に応じた料金を支払うことになります。弁護士への相談料は自由化されていますので、金額は各弁護士事務所によって違いますが、自由化される前の、1時間1万円という設定にしているところが多いです。相談をして、依頼をするかどうかを決める人もいますし、最初から依頼までするつもりはなくて、相談だけにとどめる意向でいる人もいます。どちらであっても、相談はしてみることです。交通事故の被害者は、しておくべき対応がたくさんあるにも関わらず、右も左もわからず、なす術がない状態でいることが多いからです。交通事故専門の弁護士から、適切なアドバイスを受けることが望まれます。

交通事故相談と本格的な依頼は違う

交通事故の被害者は、ある日突然傷害されたために、まったく未知の状況に陥り、右往左往していることが多いものです。ここは早くから、交通事故専門の弁護士に相談することです。素人が太刀打ちできる場ではないからです。できれば、弁護士に委任し、加害者側に受任通知を出し、窓口を弁護士にしたいところです。そうすれば、被害者が不当に不利益になる事態を避けることができます。委任という本格的な依頼をしないまでも、弁護士に相談して的確なアドバイスを受けるのは非常に望まれることです。交通事故では初期対応が大事で、それ以降もタイムリーに的確な対応をしていかなくてはなりません。それができないでいたために、のちのち不利になるケースというのは非常に多いです。そのアドバイスを受けるための相談にかかる費用が、相談料です。

相談料を無料にしている法律事務所も

交通事故専門の法律事務所の中には、相談料を無料にしているところも数多くあります。交通事故は非常に専門性が高い分野ですので、相談するなら、交通事故専門の法律事務所にしたほうがいいでしょう。市街地近くに住んでいる場合は、何件かに出向いてみて、そこから委任する弁護士を決めてもいいでしょう。相談料だけを支払い、継続して助言を受ける道もあります。ただ、最終的には、加害者側と示談をすることとなります。そのとき、被害者が個人で交渉しても、妥当な内容で示談するのは困難です。被害者が個人で交渉している限り、任意保険会社は根競べのようなものと考えている面がありますので、進展も望めず、結局不利な内容で妥協することになりがちです。弁護士に委任すれば、短期間で妥当な示談ができる場合が多いです。