交通事故の相談で失敗しないために

交通事故の法律相談で失敗してしまったという事例として考えられるのが、予想していたより弁護士費用の出費が大きかったということになります。このような失敗を避けるためには、自分が加入している自動車保険に、どのような特約が付いているのかを確認しておく必要があります。自分が加入している自動車保険に、弁護士特約が付いていれば、万が一自分が交通事故の被害者になって、自分に過失が無いために自動車保険会社が示談に介入できなかったとしても、保険金で弁護士費用を賄うことができるようになります。もしも、自分の加入している自動車保険に弁護士特約がついていないことが判明した場合は、この機会に保険内容を見直してみるのも交通事故の法律相談のときに失敗しない良い方法の一つになります。

弁護士特約に対応している法律事務所

交通事故の損害賠償金や示談金について弁護士に相談するときには、着手金を用意する必要がありますが、自分が加入している自動車保険に弁護士特約が付いていれば、着手金を用意しなくても対応してくれる法律事務所もあります。対応が可能な法律事務所は、交通事故の示談交渉に慣れているということになるので、自動車保険の弁護士特約に対応できるかという視点で法律事務所を選ぶというのも交通事故の相談に失敗しないためのポイントの一つであるということができます。交通事故に遭ってしまった後に自分が加入している自動車保険に弁護士特約が付いていないことが判明した場合でも、同居している家族の誰かが加入している自動車保険に弁護士特約が付いていれば、弁護士費用が賄われる場合があるので、確認する必要があります。

弁護士費用を自分で負担する場合

交通事故に遭ってしまったときに、自分も、一緒に住んでいる家族も、加入している自動車保険に弁護士特約を付けていなかった場合は、自分で弁護士費用を負担するしかありませんが、そのような場合は、最初に相談するときに、弁護士費用の内容と具体的な金額について、前もって十分に確認しておく必要があります。前もって、いくらぐらいかかるのかを知っておけば後になって後悔するといった失敗をしなくても済みます。着手金については、前もって準備しておく必要がありますが、成功報酬については、損害賠償金が増額できた分に応じて決められることになりますので、万が一増額しなかった場合は原則として発生しないことになります。とはいえ、示談交渉に弁護士に相談して失敗したと感じる人はほとんどいませんので、費用だけは前もって確認しておく必要があります。