交通事故の相談はどこにしたら良いのか

交通事故は頻繁に起きるものではなく、人生で一度も経験することなく終える人もいるでしょう。そのため、実際に交通事故が発生した際に、的確な助言をできる人は少ないものです。一体何をすべきか、具体的な方法を知っている人はほとんどいないでしょう。しかし、交通事故にあい、示談その他の方法を間違うと、話が非常にこじれてしまうことがあります。解決が長引くことあれば、望まない結果になることもあるかもしれません。車の運転をしている人はもちろん、そうでない人も交通事故に巻き込まれることはあります。交通事故の被害者や加害者になる可能性は誰にでもあるということです。不本意にも交通事故に関わってしまった場合、一体誰に相談するのがよいのでしょうか?ここでは、最良の方法について考えてみましょう。

保険会社に連絡をすることが必要です

交通事故が起こると、大抵の人はパニックに陥るものです。物損か人身かよっても扱いが異なりますが、まずは保険会社に連絡することです。運転手は自賠責保険や自動車保険に加入しているはずですので、連絡をしましょう。そうすると、今後のことを説明してもらえることになります。大抵の場合は、保険会社が代理人となり、被害者や加害者と交渉をすることになります。さらに、交通事故処理の細かい相談にも乗ってくれるのが一般的です。また、各都道府県には、交通事故相談所というものがもうけられています。連絡先は国土交通省のホームページで知ることができます。身近に頼れる身よりがいないと心細いものでしょう。そういう場合は、ひとりで悩まず、公共の相談所にまずは連絡をしてみることをおすすめします。

示談交渉がこじれたら、弁護士に相談を

交通事故では、損害賠償が一番大きな問題になります。これは、被害者と加害者との過失によって決まります。しかし、素人同士の話し合いでは、らちが明かない者です。被害者側は全面的に加害者に非があると主張するのが一般的ですが、実際には、100%被害者側の非になることはありません。最低でも9割と1割といった具合に被害者にも過失が課せられます。この割合によって負担額が大きく違ってくることになります。すんなりと示談が成立すればよいですが、そうはいかないこともあります。その場合、当人同士の話し合いではなく、弁護士を間にたてて示談交渉をするのが賢明です。ショックで冷静な判断ができなくなっていることもあるでしょう。そういうときには、なおさら、専門家に代理になってもらうことをおすすめします。

各地で定期的にで交通事故無料相談会を開催しております。 交通事故に遭われて相手方保険会社の示談金の額に不満のある方は、ぜひ当事務所の無料相談会にお越しください。 当事務所では、現在無料法律相談会を全国各地で行っておりますので、交通事故に遭われた方はお気軽にお問い合わせください。 交通事故についてはご相談ください